よくある質問

貸切バス

バスは何人から貸し切れますか?バスの種類と定員数を教えてください
1名から定員以内であれば貸し切れます。貸切バスの種類と定員数は、以下の通りです。
•大型バス:~45名(補助席を加えると~最大55名)
•中型バス: ~27名(補助席があるタイプも有り)
•マイクロバス:~21名(補助席を加えると~27名)

上記の定員はあくまでも目安です。
長距離の場合は、補助席を使わない人数での手配をオススメします。
また、マイクロバスは近距離の移動に適していますが、長距離移動には不向きです。
移動時間の長い観光旅行や長距離の送迎については、中型バス~大型バスでの利用をオススメします。
 
バスの運転手だけを手配することはできますか?
大変申し訳ございませんができません。
運転手だけの手配を行っているのは、派遣会社になりますので、弊社では対応いたしかねますので、ご注意ください。

 
バスガイドの手配もお願いできますか?
基本的にできます。
ただし人数に限りがありますので、時期によっては手配できない場合があります。
バスガイドは貸切バス料金には含まれておりません。
手配には別途費用(ガイド1名に付き、15,000~20,000円程度)がかかりますのでご注意ください。
 
バスだけではなく、食事や観光、宿泊先の手配などもお願いできますか?
弊社は、旅行業登録もしていますので可能です。
また、バスを使わずに旅行のみの場合でも、できますのでぜひご利用ください。
 
バスの出発地(集合場所)は決まってますか?
基本的には決まっていません。お客様の要望次第です。
ただし、他の交通や運行の妨げにならない場所、短時間なら駐車可能なスペースを有する、広い場所であることが前提となります。また、場所によってはあらかじめ許可を得る必要がある場合もあります。
路上で長時間待機すると道路交通法で処罰の対象になりますので、集合時間にはくれぐれも遅れないようにご注意ください。
 
集合場所や解散場所を複数指定できますか?
可能です。
ただし、「他の交通や運行の妨げにならない場所」「短時間で乗り降り可能な場所」に限ります。
またその場合、行程が増えますので料金が若干割高になる場合があります。詳しくは、お電話にてご確認ください。
 
立ち寄り地は自由に決めてもいいのですか?
はい。
ただし、依頼したバスが走行できない場所(道路が狭すぎる、バスの走行が規制されているエリア等)や1日では周りきれない立ち寄り地を設定された場合、ご相談させていただきます。
 
バス2台に分乗して行きますが、それぞれ行程が異なります。対応してもらえますか?
可能です。
ただし、借りるバスタイプや人数、行程により、バス料金はそれぞれ異なります。あらかじめご了承ください。
 
当日、行程を変更することは可能ですか?
原則できません。
例えば時間があるので、別の場所に寄って欲しい、予定していた場所を取りやめて、別の場所に寄って欲しいなど、新たに立ち寄り地を増やすことはできません。変更したい場合は当日ではなく、事前に相談ください。
 
雨天の場合、中止にできますか?
可能ですが、キャンセル料がかかる場合がございます。
雨天の場合の中止についてはキャンセル料の支払いを含め、事前によく相談するようにしてください。
また、他の日程に変更、雨天用の行程に変更などの要望についても同様です。
 
早朝や深夜の運行はできますか?
可能です。
ただし、深夜早朝(午後10時~午前5時まで)運行料金が別途加算されますのでご注意ください。
また、運転時間が9時間を超える、もしくは、運転距離が400㎞を超える場合は、運転手が2名必要になるため、その分の費用も加算されます。
 
1日に移動できる距離や時間は決まってますか?
決まっています(「バス運転者の労働時間等の改善基準のポイント」厚生労働者労働基準局、「「旅客自動車運送事業運輸規則の解釈及び運用について」国土交通省をご参照ください)。 

過労防止のため、1人の運転者が運転できる時間と距離の上限は、昼間の場合は9時間・500㎞(条件付きで600㎞)まで、夜間の場合は9時間・400㎞(条件付きで500㎞)までと法律で定められています。これを超える場合は2名の運転者が必要になりますのでご注意ください。 

<連続運転時間の上限>
•連続運転時間4時間ごとに30分以上の休憩が必要なことに加え、高速道路の連続運転時間はおおむね2時間まで(夜間は一般道も2時間まで)
•2日を平均して1日あたり9時間を越えないこと

<拘束時間の上限>
始業(出勤)から運転時間(休憩時間、待機時間等を含む)、終業(帰庫・退社)までを含め原則13時間を越えない(最大で16時間まで)こと
•※車庫を出発して、車庫に戻るまでの時間が16時間を越える場合は、現地にて仮眠が必要になります。宿泊同様、基本的にお客様がお手配・宿泊料負担をお願いします。仮眠をとらない場合は、運転手2名体制となります。
•※運転手が2人の場合でも、1日の拘束時間(待ち時間、休憩、仮眠を含む)は20時間までで、次の運転まで8時間以上の休息が必要になります。
 
1泊2日の行程の場合、乗務員は必ず泊まりますか?
帰庫するより宿泊した方が安い場合、または、翌日の出発が早い(帰庫する時間がない)場合は、宿泊手配をお願いしています。
(原則、お客様が負担される経費が安い方で対応)この場合の宿泊手配はお客様にお願いしています。 
貸切バス料金には含まれていませんので、ご注意ください。
 
バス乗務員の宿泊代は誰が払うのですか?
お客様にお支払いいただいています。
貸切バス料金には含まれていませんので、ご注意ください。 
 
バス乗務員の昼食はどうしたらいいでしょうか?
原則、不要です。
万が一、会社の研修等で立ち寄り先近辺に昼食がとれる場所やお店がない場合は、お知らせいただけると助かります。
 
バス乗務員への心づけは必要ですか?
原則、不要です。
ただ、対応やサービスがよかったことに対するお客様のお気持ちでお渡しいただければと思います。
 
運行予定時間がオーバーした場合、追加料金はかかりますか?
予定通りの運行で、渋滞等で帰着が遅れた場合は原則的に不要です。
例えば、お客様都合(遅刻等)により遅れた場合は追加になる可能性があります。